漆山美術館  Urushiyama Museum of Art

Elephant puppet

揚輝荘秋の文化祭「ハバナギラ」










揚輝荘秋の文化祭に参加したアーティスト達.
覚王山日泰寺山門

アコーディオン,太鼓 / トーガンジーレーコ夫妻
バンジョー / みつひろとしかつ
リアル象 / 多治見正勝
お魚壱号 / 渡辺清香 
白象 / Shinji HAYASHI
撮影 / ICHICO



« 新曲「あらあらアライグマ」 日泰寺山門|Top|揚輝荘秋の文化祭/名古屋,覚王山 »

コメント

楽しかったです

参道を歩いていたら日泰寺の入口に象が見えたので、猿回しならぬ象回しの大道芸かとびっくりして急いで駆けつけたら、なんと着ぐるみで脱力しました(笑)。
でも、パフォーマンスは最高!夫婦ともに大ウケです。
お姉さんのアコーディオンと歌はノリが良くてとても上手でした。
お兄さんのやる気なさげな太鼓も味があります。
そして白象のステップがこれまた絶妙にお茶目でした。
黒象は疲れていたのでしょうか?それもまた白象と面白いコントラストでした。
お姉さんの声はよく通りますね。今でもアライグマの歌が頭を離れません。歌詞が知りたいのですが、どこかにあるでしょうか?
見物銭はどこに入れたらいいのか探したのですが、なさそうでした。かな?

Re: Re: 楽しかったです

> コメントをありがとうございました。
> アライグマは覚王山の轟姫トーガンジーレーコさん作詞作曲の新曲でございます。
> 当日や発表日のアライグマ動画も漆山美術館にupしておりますのでどうぞご覧になって下さい。
> 後ろ脚駆動のリアル(黒)象は内部構造に問題が発生しておりまして、
> スーツアクターさんに難渋を掛けてしまいました。
> では、またどこかでお目にかかりましょう。

 かずさんこんにちは、先日は覚王山で、そしてこの動画も見てくださりありがとうございます! 
 私は演奏経験そのものは長いのですが、対外的な活動は日が浅く、来年の2月くらいまでに録音してCDをプレスするかなーっと実にのんびりしておる者です。
 「あらあらアライグマ」は半月くらい前に出来たばかりの曲です。あんまりいい出来(自画自賛)なので、「この曲で紅白を目指します」と周囲に冗談で言いまくっているのですが、これは本気で狙えるような気がしてきました(笑)。
 是非是非、ご夫婦で楽しく歌ってください。ウチもこれを歌っているんんですよー(で、あんまり歌いすぎてやや飽き気味の夫、太鼓のヤル気の無さはその為)

「あらあらアライグマ」 

作詞   トーガンジーレーコ
作詞補助 洞堀むじな (←太鼓を叩いている夫です)
作曲   トーガンジーレーコ


お目目がとっても可愛いな 尻尾もとっても可愛いな
神様がくれた宝物 アライグマ

お目目がとっても可愛いな 尻尾もとっても可愛いな
神様がくれた宝物 (アライグマ)
食べ物を探すその仕草 洗ってるように見えるから
だから名前アライグマ

あら あら 可愛いわ!

※  あらあらア ライグマ あらあら アライグマ
  あらあら アライグマ あらあら アライグマ

お目目はとっても可愛いな 仕草はとっても可愛いな
だけど性格荒いグマ (アライグマ)
ペットで輸入もしたけれど 捨てたり逃げたりしちゃったの
だから勝手に殖えちゃった

あら あら 困ったわ

※ くりかえし

風邪予防に手を洗いグマ 組織から足を洗いグマ
あなたのそばにアライグマ (アライグマ)
つぶらな瞳でみつめてる 今夜もあなたをみつめてる
そうよ、私、アライグマ

あら あら 困りごと?

※ 2回くりかえし


 とりあえず体裁を整えるために作った歌詞です。今は「元歌」を広めようとしている段階で、ある程度浸透してきたら演奏のたびに歌詞を変えていく予定です。高速道路が安くなって駅前がさびれて困ったわとか、自転車が車道を走るようになってきたけど逆走してくる人が多くて困ったわとか、個人的なちょっとエッチな悩みとか。
 CDやレコードの無い時代、明治~昭和初期の辻音楽師はこうして歌を広めていったそうです。今は歌がそのように伝播することは少ないのですが、学校の怪談や都市伝説というのは今でもありますよね。あんな感じで人づてに伝わっていっていろんな歌詞で歌われるようになると面白いだろうなって思っているんです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sketchman.blog54.fc2.com/tb.php/1195-d182199d

Top

HOME

Chiangpuet

Author:Chiangpuet
    ◇ 展示内容 ◇

□Shinji HAYASHI Art Works
The elephant puppet                  

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード